安倍昭恵さんが主宰する 「UZUの学校」に参加してきました!

uzu_1

先日、安倍昭恵さんが主宰する
「UZUの学校」に参加してきました!

「UZUの学校」は、

「人からどう見られるのではなく、自分らしく生きたい。
女性としての可能性や役割を知ることで、
仕事や暮らしに還元してもらえたら」

という安倍夫人の思いが込められた、
49歳以下の女性に限定された学校です。

それは、夫人自身が50歳を迎えた時に、

50歳からは私の人生

と思い、
居酒屋「UZU」の経営を始めたり、
自分が「やりたい」と思ったこと、
パッションを持っている事への
社会活動に取り組まれてきたそうです。

そこで、50歳からの人生のためにどういう土台を作るか、
次世代の女性たちのために、
女性の社会でのあり方や働き方を
考える場として、この学校を昨年開校されたそうです。

まさに" i am atashi"
と、この共通の思いが込められていることに
共感と興味が沸き、講義に参加してみました!

こちらは毎回違うテーマで、
著名な方を招いたパネルディスカッションの講義と、
参加者が参加するワークショップが行われるのですが、

今回のテーマは「日本の文化」

とても大きく深いテーマなうえ、
講師陣も蒼々たるメンバーで、
とても刺激的でした。

ワークショップも合わせて、
様々な分野、様々なバックグラウンドから
来る人たちの声を聞きながら、
色んな意見や言葉をインプット。

共感できることもあれば、
「私は違うかな」と思ったり、
「私はこう思う」という考えが生まれたり、

自分の立ち位置が見えてきて、
そして「自分はこうしたい」
というのがクリアになっていく。

そのプロセスと発見に、
ドキドキわくわくしてきて、
新たな"i am atashi"なエネルギーが湧いてくる。

人の意見に左右されるのではなく、
それをヒントにする。

それを改めて実感しました。
そしてこれは、こういう場に身を置いてこそ、
得られるエネルギーなのだと。

参加者の女性たちとのワークショップを通して、
新しい出会いもあり、
安倍夫人やスプツニ子!さんにご挨拶をする機会もあり、
とても楽しかったです!

色々なことを多方面から考える、
良いきっかけの一日でした。
ここで得たエネルギーとヒントたちを、
次にどうつないでいくか、が大切ですね。

"All that we are is the result of what we have thought." - Buddha
自分というのは、自分の思考の結果である。

buddhaquote1

 

 

 

Leave a Reply