Under the moonlight. 月夜の下でゆったり♡

ぱっと夜空を見上げたときに、
月が綺麗に出ていると
「あ、今日は月が綺麗」と
頬がちょっとゆるんで、
一日の疲れがふっと溶ける。

38万キロ以上離れているのに
太陽に照らされて、あんなに明るい月。
今頃、地球の反対側では
新たな一日を迎えている人たちがいる、
と思うと心配や悩みごとが一瞬小さくなって
「大丈夫かも、明日がある」って思える。

「めったにない」「稀に」の表現の
once in a blue moon〜

この”blue moon“というのは、
ひと月の2回目の満月のことで
2、3年に一度しか起きないそう。なるほど!

That kind of opportunity (chance) comes
only once in a blue moon.
そんな機会(チャンス)はめったにない。

moon“は名詞以外に、
「ぼーっとする」「ぼんやりする」
「(夢心地に)ひたる」

恋をしても、失恋しても、
She was mooning about him all day.
彼女は一日中彼のことを想いながらぼーっと過ごした。

“I love you to the moon and back.”
月への往復分好き = 大大だ〜〜い好き」

直接は言えなくても、
メッセージカードにちょこっと書いてみたり♡

月夜の下で「ムーンライト・セレナーデ」を聴きながら、
ワインを片手に読書をする週末も良い♪

Moonlight Serenade by Glenn Miller on Grooveshark

I think we’re all uplifted a little whenever we see the moon glowing brightly on a clear night. It reminds me that the sun is rising on the other side of the world and that somewhere in a different country, people are starting a new day. For a minute, I stop worrying about the small things and feel like everything will be okay. Because there’s always tomorrow. Listening to “Moonlight Serenade” with a glass of red wine and a good book under the moonlight – sounds like a perfect weekend night♡

Share

Leave a Reply

You may also like...