Toughness and vitality. タフに生き生きと☆

「タフな女性」は、
難しい、頑固、アグレッシブ...
と、「男勝り」「強すぎる」
というイメージを持たれがちだけど、

タフな人ほどバイタリティがあって、
生き生きとしている。

それは、ブレない芯があるだけではなく、
攻められても跳ね返し、
失敗しても立ち上がる、
柔軟性と活力があるから。

タフな人は元気なお肌のように、
ハリと弾力がある♪


She’s full of life!
彼女は生き生きしている!
彼女はバイタリティがある!

tough” の色々な表現:
【難しい、厳しい、頑固、辛い】

She smiles even through tough times.
辛い時も彼女は笑顔。
【tough times=辛い時期、厳しい状況、不景気】

She’s a tough cookie!
彼女はとっても頑固!

【tough cookie=頑固、めげない、意志が強い、難しい人】

Don’t be so tough on yourself.
自分にそんなに厳しくならなくても。
【tough on〜=〜に厳しい】

Come on, toughen up! Boys don’t cry.
ほら、クヨクヨしないの!男の子は泣かないのよ。
【toughen up=しっかりする】

Tough love is tough to give but it’s real love.
愛のむちを与えるのは簡単じゃない。でもそれが本当の愛。
【tough love=愛のむち】


タフな女性に対するハラスメントは
「弱さ」から。

欧米では「タフな女性はセクシー」と言う人が多いのは、
きっと本能的にその強さに
生命力を感じるから。

その魅力が分かる社会になってほしい。
そして様々なプレッシャーに負けずに、
ハリと弾力のあるタフな女性が増えてほしい。

だって、タフな人たちこそが
社会を元気にしていくのだから♪

"Tough times don't last, but tough people do."
「辛い時期は永遠じゃない。タフな人はそれを乗り越える。」
【last=残る、生き残る】

toughpeople
via "note to self"
Tough people may have a “tough armour" but they are actually the ones who are more resilient and have more vitality. Often times they are more selfless in protecting and fighting through for the ones they love and their beliefs - like mothers and great leaders. They are passionate and compassionate.

Being a tough woman is not easy, especially in Japan. You’re perceived as “too strong, difficult, stubborn or aggressive…” in a society where women are still (unspokenly) expected to be reserved and submissive. Unfortunately, it is the “weak” mind that is threatened by such independent and competent women. If only that mentality could be changed because tough people are the ones that can make real change.

Share

Leave a Reply

You may also like...