Give a little play. 少しゆとりを♪

「遊び」は急な動きやストレスから
負担を軽減する、機械設計において
重要な空間、余裕、ゆとり。

人間関係や仕事も同じ。

そのちょっとした遊びを設けることで、
物事がうまく進んだり、修正ができたりする。
窮屈になりすぎず、お互いに余裕が持てる。

Give each other some breathing room.
お互いに少し余裕を。

I need some space.
ちょっとそっとしてほしい。
自分の時間がほしい。

・allow some leeway
解釈、選択肢の余裕や柔軟性を与える
【leeway=余裕】

・give some elbow room to explore new ideas
新しいアイディアを生む自由を与える
【(ひじを自由に使えるだけの)余地、ゆとり】

・give a little wiggle room to adjust
微調整の余裕を与える
【wiggle=(犬のシッポのように)くねくね動く】
havefun

I'm playing with the idea of〜
ちょっと 〜を考えている。
【play with=妄想】

(新しい機械、ソフトなど)
I'm going to play around with it a bit.
ちょっと色々試してみる。
【play around=色々試す、遊ぶ】

(アイディアなど)
Let's play with it.
少し練ってみよう。
【play with=練る、アイディアを膨らます、発酵させる】

法則や定番から少しはみ出る「遊び」で、
面白さや、意外なアイディアが生まれたりする。

「遊び」や遊び心、それは大人のゆとり♪

"Play" is an important amount of clearance given in mechanical engineering to avoid sudden stress. The same goes for relationships and work. It gives that little space to help carry things smoothly, some wiggle room to adjust and it allows us to breathe.

Creativity and ideas need space to flow. So give yourself some room to play and don't forget to have a little fun♡

Share

Leave a Reply

You may also like...